HOME » 人や地球、環境に優しい家づくり 3つのキーワード » 自然素材

自然素材

無垢素材の家、漆喰や珪藻土を使った壁など、自然素材を使った住まいが人気である理由を紹介します。

自然素材を使った家に人気が集まる理由

最近の健康ブームや環境への関心の高まりから、自然素材をふんだんに用いた家に注目が集まっています。

近代的な家とは違い、自然素材の家には化学物質の使用が少なく、シックハウスによる健康への影響が小さい、アレルギーを持った方でも安心して住める、といったメリットがあります。

また、自然素材は断熱効果や調湿効果などの機能性も優れており、カビや結露が生じることによる建物全体への影響も小さいといったこともメリットでしょう。

具体的にどんな建材があるのか、その効果やメリットについても紹介しましょう。

天然木の柱や梁

天然木の柱や梁などの建材には、木のぬくもりを感じるとともに、独特な香りが住む人をリラックスさせる効果もあります。

最近になって、この独特な香りにはカビなどの菌から家を守る働きや、空気を浄化・消臭する働きなども確認されており、特殊な設備を設けなくても快適な環境をつくる機能性も優れているとして注目が集まっています。

無垢の床材(無垢素材の家)

無垢は主に床(フローリング)材として用いられます。

裸足で歩くと、夏はひんやりして気持ちよく、冬は暖かいというのが特徴。これは、湿気の多い夏場には水分を多く含み、乾燥している冬場は水分を吐き出すという、木の特性(調湿効果)が関係しているようです。

また断熱性にも優れており、「夏涼しく、冬暖かい」住まいを実現。エアコンの稼働も少なくなるので、省エネにも貢献します。

漆喰や珪藻土

壁材に用いられる漆喰や珪藻土の特徴は、調湿・消臭効果が優れていることです。

特に珪藻土には、その一粒一粒に無数の穴があり、これが水分やニオイの元を吸収することで調湿と消臭の効果を発揮します。

また、漆喰はアルカリ成分であることからカビの発生を防ぐ効果があります。

もちろん自然素材ですから、有害な物質を発することはありません。アレルギー持ちの方でも安心して暮らせる家づくりに貢献する建材のひとつです。

>>自然素材にこだわった、おすすめ注文住宅会社

PAGETOP