HOME » 人や地球、環境に優しい家づくり 3つのキーワード » パッシブデザイン

パッシブデザイン

近年、注目を集めている「パッシブデザイン」の家。その特徴やメリットを紹介します。

パッシブデザインとは

パッシブデザインとは、自然エネルギーのみで快適な空間を生み出す、家づくりの考え方のこと。

例えば、太陽の光や風の通り道などを考慮して設計することで、エアコンなどを使わずとも「夏は涼しく、冬は暖か」な空間を実現する家づくりのことです。

省エネ効果も期待できますし、より自然に近しい暮らし方ができることで健康的な生活も手に入れられます。

パッシブデザインを採用した家づくり

パッシブデザインの考え方を採り入れた家づくりについて、具体的な部位で紹介しましょう。

屋根のひさし・軒

太陽の光(入射角度)は、夏と冬とでは違います。これに合わせて屋根のひさしや軒の角度を調整することで、夏は太陽光が入りにくく、冬は室内にたくさん取り込めるようにしています。

庭に落葉樹を植える

庭に落葉樹を植えることで、夏は木陰をつくるとともに涼しい空間の創造を、冬は葉が落ちて太陽の光が家に差し込みやすくします。

開口部の位置

窓やサッシなどの開口部を、その土地でよく吹いている風(卓越風)の通り道になるよう設計します。間取りも、室内全体に風が行きわたるよう設計するため、どこにいても自然の風で快適に過ごせます。

断熱・気密

壁や屋根には、断熱性と気密性の高い建材を使用。熱気や冷気といった外熱が室内に伝わらないよう、家全体を守ります。また、輻射熱を伝わりにくくするため、反射率の高い外装材などを用いることもあります。

吹抜け・欄間

吹抜けや欄間を設けることで、家全体に光を導き明るくします。屋根に窓を設ける場合は、太陽光の遮蔽効果があるガラスなどを用いてできるだけ明るい空間をつくります。

このように、パッシブデザインの考え方を採り入れることで、照明やエアコンの稼働時間を大幅に短縮することが可能になります。省エネで、お財布にも地球環境にもやさしい快適な住まいを検討してみてはいかがでしょうか。

>>パッシブデザインを採用するおすすめ注文住宅会社

PAGETOP