HOME » 人や地球、環境に優しい家づくり 3つのキーワード » 断熱・遮熱

断熱・遮熱

住宅建築では当たり前となった「断熱」と「遮熱」。それぞれの違いや注目の最新工法について紹介します。

断熱材と遮熱材の違いとは

断熱材も遮熱材も、快適な室内をつくるうえで効果を発揮する建材です。しかし、断熱と遮熱を混同している方も多いのでは?

まずは、それぞれの特徴について紹介しましょう。

断熱とは

文字どおり、外の熱が室内に入り込まないよう「断つ」こと。家づくりにおいては、壁や屋根、天井、床などさまざまな場所に熱が伝わりにくい建材を用いて、室内を保温することをいいます。二重窓なども断熱手法のひとつです。

なお建材にもよりますが、太陽の光が集まることで生じる輻射熱を蓄えてしまう建材の場合、その熱が室内に伝わることもあります。

遮熱とは

太陽の光に含まれる赤外線を反射することで、熱を「遮る」ことを遮熱といいます。

通常の壁材や屋根材は、太陽の光があたると熱が生じます(輻射熱)。この熱は太陽の光に含まれる赤外線波長によって生じるため、空気がなくても伝わります。

そこで、この赤外線を反射する建材を用い、室内に熱を伝わりにくくすることが遮熱です。窓にフィルムを貼ることも、遮熱手法のひとつでしょう。

最近では、遮熱成分を含んだ塗料を使って家全体を遮熱するケースも多いです。なお、遮熱だけでは室内の空気が逃げてしまいます。

…と、このように、各素材が使われる場所も違えば役割も違うので覚えておきましょう。

断熱と遮熱を組み合わせた建材も登場

いずれもメリット・デメリットがありますが、断熱・遮熱ともに効果を発揮する建材も多く出ています。

断熱材として多く用いられる「発泡ウレタン断熱材」に、「アルミ熱線反射材」(遮熱材)を組み合わせた建材などが一例。

外の熱気や冷気、赤外線をシャットアウトするとともに、室内の熱を逃しにくくすることで、「夏涼しく冬暖かい」快適な空間を保ち続けます。

こうした建材を用いることで、エアコンの稼働率を下げるなど省エネにも貢献。環境にもやさしい家を実現します。

>断熱・遮熱に力を入れている、おすすめ注文住宅会社

PAGETOP