メニューボタン
一生を満足して過ごせる!福山市の選りすぐり注文住宅メーカー・工務店紹介サイト » 福山で家を建てる人のための家づくりガイド » 注文住宅の資金計画について

注文住宅の資金計画について

家を建てる前にやっておくべき資金計画についてまとめています。ローンの返済について悩んでいる方は参考にしてみてください。

住宅資金を計算

注文住宅のための資金計画は、物件価格に加えてどのくらいの資金が必要かを調べるところから始まります。最初に、住宅資金を計算してみましょう。家は人生の中でももっとも高い買い物のひとつですが、貯蓄すべてを住宅資金に回すわけにはいきません。貯蓄から生活費や子供の学費、緊急の際の医療費などを差し引いて考えるのを忘れないようにしましょう。

住宅資金の内訳は、家を購入するための手続きなどに必要な「購入諸費用」と、家の価格のうち現金で支払う「頭金」のふたつとなります。購入書費用の額は当然住宅の種類によって異なります。新築マンションなら物件価格の3~5%、中古マンションなら5~8%、一戸建てなら6~10%が目安です。

頭金は一般的に物件価格の2割、少なくとも1割以上とされています。頭金が多いとそれだけあとの返済が楽になるので、無理に頭金を低く抑えようとはしないほうがいいでしょう。

毎月の返済額を計算

家を購入する際は、よほど資金に余裕がなければ、一般的にローンを組むことになります。そのため、事前に毎月の返済額を計算し、無理のない返済プランを立てておく必要があります。住宅ローンの返済は30年以上の長期間に渡ることも珍しくないので、現時点だけでなく将来の経済状態も考慮に入れて返済プランを立てましょう。

また、マンションの場合は購入後に管理費や修繕費が必要になることも忘れてはいけません。そのため、毎月の返済額は住居費から約2万円を差し引いた額と考えるのがいいでしょう。さらに、マンション、一戸建て問わず、固定資産税と都市計画税がかかることも計算に入れておきましょう。

定年までの返済期間を考える

過去には、定年退職時の退職金でローンを一気に返済するという手段もありました。しかし、現在では退職金や年金については見通しが不透明な部分も多いので、定年後もローン返済が残っているとその後の生活への負担が大きくなります。そのため、返済期間は定年までとして返済プランを立てたほうがいいでしょう。

もちろん、返済期間を短くするとそれだけ一月分の返済金額は大きくなります。将来的な収入と支出のバランスも考慮に入れて、繰り上げ返済などを活用すれば無理のない返済が可能になるでしょう。

ローンの金利タイプを考える

ローンの金利はもちろん低いほうがいいですが、低い金利だけを見て飛びつくのは危険です。一見金利が低くお得に見える「変動型」や「固定期間選択型」などの金利タイプは、定期的な返済額の見直しがあったり低金利の適用期間が短かったりするので、将来的に返済額が大きくなる可能性があるのです。

これらに対し、「全期間固定タイプ」は最初の金利こそ高めですが、返済が終わるまで返済額が変動しません。このように、どの金利タイプにもメリット・デメリットがあるので、自分の経済状態に合った金利タイプを選ぶことが大切なのです。

費用ごとに建てるべき注文住宅の例

1000万円台

1000万円台の注文住宅は、費用を抑えた分制限も多く、デザインの幅も広くありません。使用できる素材も制限され、特に自然素材をふんだんに使うのは難しいのです。間取りについても自由度が落ちます。設備については、各メーカーの標準装備のものとなるでしょう。とはいえ、シンプルなデザイン、シンプルな間取りを希望しているのであれば、1000万円台の予算でも十分満足できる注文住宅を実現できるでしょう。

2000~3000万円台

2000~3000万円台となると、住宅の選択肢はぐっと広がります。デザインについては、さまざまな外壁材を選べるようになります。素材も選択肢が増えるでしょう。間取りについてはバルコニーや縁側などの設置が可能となります。設備も標準レベルよりもさらに上のものが選べるようになるでしょう。しかし、あれもこれもと追加していけばすぐに予算をオーバーしてしまいます。そこで、追加要素にしっかり優先順位をつけて、これだけはこだわりたいというポイントを選ぶことが大切です。

4000万円以上

予算が4000万円以上となると、注文住宅の選択肢は大幅に増えます。デザインは土地に合わせたものも実現できるようになり、既存のモデルにない個性的なものにすることができます。また、建物だけでなくアプローチや外構にお金をかけることもできます。素材も自然素材をふんだんに使い、屋内の天井、壁、床すべてを無垢材で作ることも夢ではありません。間取りも吹き抜けなど独自性のあるものが選べるようになります。設備も上質の床材とともに最新設備が利用できるでしょう。

   
快適なLIFEを実現する
標準性能に優れる
福山の注文住宅会社3社
坂本
建設工業
坪単価
65万円
快適さを
実現する
標準装備
5/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
97%

公式HP

TEL

セキスイ
ハイム
坪単価
80万円
快適さを
実現する
標準装備
4/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

創建
ホーム
坪単価
5080万円
快適さを
実現する
標準装備
3/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

選定した3社は、広島県における2018年度のZEH実績のパーセンテージが高い3社です(福山市対応の会社に絞っています)。ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したもの。坂本建設工業が100%、セキスイハイムが73%、創建ホームが34%。長期間にわたり光熱費を抑えられ、酷暑や厳寒でも快適に過ごせる家になります。