HOME » 福山で家を建てる人のための家づくりガイド » 注文住宅が完成するまで

注文住宅が完成するまで

福山市での家づくりを考えている方のために、注文住宅完成までの流れを解説しています。

【福山市の家づくり】注文住宅ができるまでの流れを知ろう

家は、一生ものの買い物。ある程度は基礎知識を身につけて、慎重に家づくりを進めていく必要があります。特に注文住宅を建てる場合は、分譲の戸建てを買う場合よりも勉強が必要です。

まずは、注文住宅が完成するまでの大まかな流れを知ることが大切です。家づくりに必要な作業を把握しておくことで、作業がスムーズに進みます。

家づくりの流れ

大まかには、以下のような流れになっています。

土地探し

まずは、家を建てる土地を探します。立地や周辺環境などを考慮して土地を探すことになりますが、注文住宅会社に土地探しを依頼する方法もあります。

住宅展示場や見学会で家づくりを学ぶ

まずは住宅展示場や見学会に足を運び、注文住宅でどんな家が建てられるのか目で確かめてみましょう。家を見た数が多いほど、家づくりのプランが具体的になりやすいです。

注文住宅会社を選ぶ

ネットで調べたり、住宅展示場を見た注文住宅会社の中から、数社に絞り込みます。まだこの時点では1社に決める必要はありません。建てられる家のことはもちろん、担当者の応対の良さなどもチェックしておきましょう。

レイアウトや間取りの打ち合わせ

希望するレイアウトや間取り、設備などを伝え、大まかな打ち合わせをします。その上で費用の概算を出してもらい、プランを比較して注文住宅会社を1社に絞り込みます。

契約

プラン、着工日、金額などを盛り込んだ契約書を用意してもらい、本契約となります。この際に、住宅ローンの事前申込みも行います。建築確認申請書の提出や、金融機関への手続きは代行してもらえるのが一般的です。

地盤調査

家を建てる土地の地盤の強度を調査します。これによって、建築プランが多少変化します。

最終図面の確認

地盤調査の結果などを反映させた、最終的な仕様の最終図面を確認します。

着工

図面を確認したら、いよいよ着工となります。工事の途中で、建築確認申請に伴う検査も行います。

完成・引渡し

建物が完成したら、立ち会いのもと確認を行い、必要なら直し工事をします。全て完了したら、新居の鍵の引渡しをします。

PAGETOP