HOME » 家を建てる前に知っておきたいこと » 問合せから完成までの流れ

問合せから完成までの流れ

注文住宅を、土地を購入(土地探し)するところから建てる場合を例に、その流れを紹介します。

注文住宅購入までの流れ

土地を探す・購入する

住みたいエリアを検討します。施工業者が土地を案内してくれることもありますが、その場合は、一緒に現地に行くと「こんな家が建てられる」といったイメージやアドバイスをもらえることもあります。

購入したい土地が決まったら、売買契約書・重要事項説明書を読み、契約します。

施工業者(工務店・ハウスメーカー)を選ぶ

住宅雑誌や工務店・ハウスメーカーのホームページなどを見て、自分が住みたい(完成イメージに近い)施工業者の情報を収集します。住宅展示場などがあれば、実際に内覧するのもよいでしょう。

いくつかの業者へ問い合わせ、プランの打ち合わせや見積もりをとって、最終的にコストパフォーマンスのよい会社を選びましょう。

工事請負契約・基本設計

工事請負契約を、施工業者と結びます。それから、具体的な基本設計図が作られます。

基本設計図は、施主の希望やライフスタイル、家族構成などのヒアリングに始まり、施工業者と何度も打ち合わせを重ねながら作成していきます。

あわせて本見積書が提示されますが、予算オーバーの場合には、どの部分でコストを削減できるか、施工業者と一緒に考えて決めていきましょう。

ローンの申し込み

予算がほぼ決まった段階で、ローンを借りる方は金融機関に申し込みをしておきましょう。

施工

いよいよ着工です。地鎮祭を行い、基礎工事、上棟式、屋根・外壁工事、内装・設備工事と進んでいきます。

施工検査・完成

施工検査では、申請通りに建物ができているかを施工業者(工事監理者)がチェックします。それから、施主や工事責任者が立ち会い仕上がりをチェック。問題がなければ、引き渡しとなります。

アフターメンテナンス

購入した注文住宅に長く住み続けるには、アフターメンテナンスが重要です。10年保証に加え、施工業者のアフターフォロー体制もしっかり確認しましょう。

PAGETOP