メニューボタン
一生を満足して過ごせる!福山市の選りすぐり注文住宅メーカー・工務店紹介サイト » 福山で家を建てる人のための家づくりガイド » 注文住宅の内装で気を付けること

注文住宅の内装で気を付けること

注文住宅の内装にこだわる

せっかく理想の注文住宅を建てるのであれば、細かい部分にまでこだわりたいところです。

外観は目立つ部分なので誰もがこだわるところですが、内装に関しては深く考えずに対応してしまい、後悔に繋がるケースもあります。後でこうしてれば良かったと後悔しないためにも、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

失敗例を調べてみよう

「どうしたいのか」も大切なのですが、失敗談を調べてみることで「これは控えよう」と対策しておけます。

「こうして良かった」という声を取り入れるのも良いかもしれません。ただ、自分や家族のライフスタイル、住む場所の環境によって合う合わないがあります。予算はもちろん、陽射しの向きや治安状況なども確認しておきましょう。このプランで進めたい時、何が起こるかを想定して対策を立ててみるのも大切です。

コンセントの数について

コンセントの数は、多いに越したことはありません。

もちろん電圧の問題として設置できる数は限られますが、昨今はスマートフォンの充電でもコンセントが必要になるなど、家庭内におけるコンセントの需要が高まっています。それだけに、コンセントは数はもちろん、位置もこだわって設置しなければいけません。数が多くても、家具で隠れたり使いづらい位置にあったりしては意味がありません。

特に掃除機を使う際、コンセントの存在は大きなものだと実感することになります。コードレスでない掃除機だと、部屋を移動する際にプラグを抜き差しするため、できる限り使いやすい位置に置くのが理想です。掃除で手間のかからない導線を意識してみることで、手間を省けるようになります。

どこにお金をかけるのか

予算によって、どこかをこだわりを諦めなければいけない部分が出てくるかもしれません。その場合、削る部分とお金をかける部分のメリハリをつけることが大切です。

必要ない、そこまで重要視していない内装は特に要望を出さなくても十分でしょう。一方で、普段よく使う部分の内装を節約すると、頻繁に「もっとここはお金をかけるべきだった」と思うことになります。

水回りは掃除しやすい素材にする、皆で使うリビングは快適に過ごせるよう空調設備を付けたいなど、こだわれるポイントは大まかにでも把握しておくのが吉です。

新居での生活をイメージしてみよう

内装で大切なポイントは、「生活にマッチしているのか」です。

そのためにも、新居での生活を可能な限りシミュレーションしてみましょう。どの部屋にどの程度の頻度でアクセスするのか。それによってお金を掛けた方が良い部分と、特にお金を掛ける必要がない部分が見えてきます。

どのような家を建てられるかは、モデルハウスを見学してみることでもイメージしやすくなるはずです。

   
快適なLIFEを実現する
標準性能に優れる
福山の注文住宅会社3社
坂本
建設工業
坪単価
65万円
快適さを
実現する
標準装備
5/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
97%

公式HP

TEL

セキスイ
ハイム
坪単価
80万円
快適さを
実現する
標準装備
4/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

創建
ホーム
坪単価
5080万円
快適さを
実現する
標準装備
3/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

選定した3社は、広島県における2018年度のZEH実績のパーセンテージが高い3社です(福山市対応の会社に絞っています)。ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したもの。坂本建設工業が100%、セキスイハイムが73%、創建ホームが34%。長期間にわたり光熱費を抑えられ、酷暑や厳寒でも快適に過ごせる家になります。