HOME » 家を建てる前に知っておきたいこと » 理想の家づくりを成功させるコツ

理想の家づくりを成功させるコツ

理想の注文住宅を手に入れるために知っておきたい、ポイントや注意点をまとめました。

注文住宅のイメージを家族で話し合う

まずは、どんな家に住みたいのか家族で話し合い、項目を紙に書き出してみましょう。

間取りでいえば、リビングは20畳くらいの広さがある、吹き抜けがある、書斎がほしい、水まわりが一体になっている(家事動線がいい)など。設備面では、システムキッチン、床暖房、太陽光発電、カーポート(2台以上の駐車スペースがほしい)など。

ここでポイントとなるのが、列挙した項目に優先順位をつけること。注文住宅とはいえ、予算やさまざまな制約によって実現できないこともありますから、「絶対にかなえたい」「できればかなえたい」と振り分けまでしておくと、後々工務店やハウスメーカーと打ち合わせする際にスムーズになります。

住宅展示場に足を運ぶ

住宅展示場は、実際に見て、触れて、確かめることができるので、ぜひ足を運びましょう。

ただ見て回るのではなく、そこで暮らしているように振舞うのもポイント。床に座ってみたり、台所からサニタリー、ベランダといった家事動線を歩いてみたりして、暮らしやすい家かどうかチェックしてみましょう。

また、対応してくれる営業担当者の人柄や会社の雰囲気も確認すべき重要なポイント。家が建ってからも長い付き合いになることも考えて、相性の良いか否かもチェックしましょう。

予算の上限は絶対に守る

あれもこれもとオプションをつけていくと、あっという間に予算オーバーしてしまうのが、注文住宅の注意点。必ず予算の上限は決めておきましょう。

自分でわからなければ、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談してみるのもよいでしょう。

教育費や医療費といった今後の人生で必要になってくる費用もある程度想定しながら、注文住宅にかけてよい予算が決まってきます。

また、工務店やハウスメーカーと打ち合わせの際に、一つ一つの希望をかなえるにはいくらかかるか概算を聞きながら、想定予算をはじき出し、お金をかけるべきところ、かけなくてもいいところを決めていくのもポイントですよ。

PAGETOP