HOME » 福山で家を建てる人のための家づくりガイド » ZEH(ゼッチ)とは

ZEH(ゼッチ)とは

自然の力を利用するZEH(ゼッチ)仕様の注文住宅に注目

世界的に地球温暖化が叫ばれている現在、日本政府もエネルギー問題に本格的に取り組んでいます。その一環として、二酸化炭素を排出しない社会を実現するため推し進めているのが「ZEH(ゼッチ)」です。

そもそもZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称。つまり、住宅のエネルギーを内部で創出して、省エネを組み合わせ、ほぼすべてのエネルギー消費量をまかなう住宅のことです。

断熱性に優れている

ZEHは、まず断熱性に優れている必要があります。せっかく創出したエネルギーを使用して暖房や冷房をおこなっても、効率的に空調ができなければエネルギーの無駄遣いになります。そのため、機能性の高い断熱材や窓建材を使用することになります。

省エネに優れている

省エネに関しては、「HEMS(ヘムス)」という創出エネルギーと消費エネルギーを自動的に制御、確認するシステムを導入します。また、消費電力が少ないLED照明、エアコンなど効率的な家電も必要です。

創エネに優れている

ZEH(ゼッチ)の中心的な役割として、エネルギーの創出があります。これは一般的に太陽光発電を使用します。再生可能エネルギーを使うことにより、自然の力を利用して二酸化炭素を排出しない社会に貢献するのです。

ゼッチは補助金の対象になる

ゼッチは地球にやさしいと同時に、使う人にとっても電気料金などが大幅に削減されるというメリットがあります。政府は2020年までに標準的な新築住宅で、このゼッチの導入を進めていて、補助金の対象にもなっています。

ZEHの補助金額

ZEHの気になる補助金の額はどれくらいなのでしょうか。実はZEHの補助金制度は国や自治体が実施していて、それぞれ異なります。また、年度によっても違ってきますので、注意が必要です。参考として、平成30年度の補助金額の一部を紹介しておきます。

・ZEH等による低炭素化促進事業(担当省庁:環境省) 70万円/戸+蓄電システム3万円/kWh

・ZEH+実証事業(担当省庁:経済産業省) 115万円/戸+蓄電システム3万円/kWh

補助金を受ける際の注意点

ゼッチの補助金を検討する際に注意しておきたいのは、ZEHビルダー(ハウスメーカーや工務店など)/ZEHプランナー(建築事務所など)を利用して住宅を建てないと補助金対象にはならないことです。全国に6000社以上ありますが、まずはこの点をしっかり確認しましょう。

PAGETOP