メニューボタン
一生を満足して過ごせる!福山市の選りすぐり注文住宅メーカー・工務店紹介サイト » 注文住宅の気になる「性能」について

注文住宅の気になる「性能」について

住宅の性能とは?

家族が集う憩いの場である住まい。そこで家族が快適に過ごすために、住宅には高い性能が求められます。では、「住宅の性能」とは具体的にどういったものなのでしょうか。ここでは、快適な暮らしを支えるための住宅の性能を5つの項目に分けて解説していきます。

気密性

夏は暑く冬は寒いのが当たり前です。しかし、快適な暮らしのためには、季節を問わず屋内を一定の快適な温度に保たなくてはいけません。そのために必要な性能が気密性です。

過ごしやすさと省エネ効果が得られる

高い気密性を持つ家とは、言い換えれば「隙間のない家」のこと。家の構造に隙間が多いと、そこから熱気・冷気が屋内に侵入して気温を変動させてしまうのです。

屋内の気温の変動が大きくなると、それを修正するために冷暖房が必要となります。気密性の低い住まいだと、必然的に冷暖房の使用時間が長くなり、消費エネルギーや電気料金が増えてしまうのが問題です。

気密性の高い住まいなら、屋内が一定の温度に保ちやすくなるため、冷暖房を使用する時間や回数も抑えられるでしょう。

結露を防ぐ

また、屋内の温度変化が少ない家は、結露のしにくい家ともいえます。結露は室温と外気温との差で起こる現象です。結露が頻繁に起こると、断熱材の劣化や腐食の原因に。気密性を高めることで結露による被害を抑えられるため、結果的に住宅が長持ちしやすくなるのです。

住む人の健康に関わる場合も

気密性は時として、健康にも関わります。気密性が低い住まいでは、家の中でも水回りなどが特に寒くなりがち。暖房で暖かい居室から寒い水回りに移動した場合、その温度差で心臓に負担がかかる「ヒートショック」という症状のリスクが高くなるのです。特に高齢者ですと命に関わる場合も。ヒートショックによるリスクを抑えたいなら、住宅の気密性にこだわってみるとよいでしょう。

耐風性

居住地によって差はありますが、日本に住んでいる以上住まいの台風対策は、安全な暮らしのために欠かせないものと言えます。特に近年は異常気象も多く、台風・強風対策は年々需要が高まっています。耐風性の高い家とは、強風下にも耐えられるよう対策を施した住宅のことです。

屋根への対策

家を構成する素材自体は丈夫でも、激しい風によってそのつなぎ目がちぎれてしまうと、家は簡単にバラバラになってしまいます。また、近年では強風で屋根が持ち上げられるといったケースも。耐風性の高い住宅は、家の各構造材を強固に連結し、屋根が飛ばされにくい構造を取るといった対策を行っています。

耐風等級とは

耐風性を具体的な数値で表したものが「耐風等級」です。耐風等級は、建物を構成する基礎・土台・柱・梁・壁の強度から判定されるもので、等級1と等級2があります。等級1は等級2よりも低い数値です。しかし、伊勢湾台風クラスの台風に耐えられるとされる等級ですので、台風被害の少ない地域であれば等級1でも充分な耐風性を持っているといえます。耐風性にこだわりたい場合、この耐風等級は目安のひとつとなるでしょう。

耐風等級の定義

耐震性

地震大国とも称される日本では、耐震性は住宅に求めるべき最優先の性能と言っていいでしょう。耐震性は、地震による揺れに耐えるための性能です。建物の構造やその土台を強固に固定することで、強い揺れによる倒壊リスクを抑えられます。

免震性との違いは?

耐震性と混同されやすいのが免震性です。これは、揺れに対してその衝撃を逃がす性能で、建物を固定するのではなく、建物と土台の間に免震装置を設置することで空間を確保。揺れが直接建物に伝わらないようにしているのです。

耐震等級

耐震性を具体的に数値で表したものが「耐震等級」です。耐震等級は等級1~3の段階に分かれており、等級3がもっとも高い等級となっています。

等級の定義はそれぞれ異なります。等級1が「建築基準法に定められている程度の耐震性」もしくは「数百年に一度の大地震に耐えられる」。等級2が「等級1の1.25倍の地震が起きても倒壊・崩壊をしない程度の耐震性」。等級3が「等級1の1.5倍の地震が起こっても、倒壊・崩壊をしない程度の耐震性」となっています。

耐積雪性

寒冷地では、耐風性、耐震性に加えて冬期の積雪に耐えるための性能「耐積雪性」も重要です。

特に、青森のような豪雪地帯では、建物に十分な耐積雪性がないと、積雪によって建物の倒壊や損傷が発生してしまうのです。

耐積雪性

耐積雪性は、耐風性や耐震性と同じく等級で表されます。

等級1の定義は「極めて稀に(500年に一度程度)発生する積雪による力に対して倒壊、崩壊等せず、稀に(50年に一度程度)発生する積雪による力に対して損傷を生じない程度」。

等級2は「極めて稀に(500年に一度程度)発生する積雪による力の1.2倍の力に対して倒壊、崩壊等せず、稀に(50年に一度程度)発生する積雪による力の1.2倍の力に対して損傷を生じない程度」です。

耐用年数

戸建て住宅は長期で住人が住み続けることを目的としており、建ててから何世代もの家族が住み続けることもあります。その家にどれだけの年数住み続けられるかを表したのが「耐用年数」です。

法定耐用年数とは

一般に、建物の耐用年数と言ったときは、固定資産の減価償却費を計算するために算出された「法定耐用年数」のことを指しています。一般的に居住用の建物の耐用年数は、法定耐用年数×1.5で算出されます。

素材によって耐用年数は異なる

建物の耐用年数は、木造か鉄筋コンクリート製かで異なります。木造住居は賃貸で22年、マイホームで33年。鉄筋コンクリート製住居は賃貸で47年、マイホームで70年とされています。

ここで重要なのは、耐用年数=建物の寿命とは限らないという点です。定期的なメンテナンスによって、建物の寿命は伸ばすことが可能です。

性能を調べる上で欠かせない「性能値」

性能値は、建物の性能を示す便利な数値です。代表的な性能値は以下のようなものです。

住宅性能表示制度とは?

平成12年4月1日に、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」が施行されました。住宅性能表示制度とは、品確法によって定められた住宅の適切な価格を発表するための制度です。

住宅性能表示制度は、構造の安定、火災時の安全、劣化の軽減、維持管理・更新への配慮、温熱環境・エネルギー消費量、空気環境、窓の面積、遮音対策、高齢者などへの配慮、防犯対策の10項目を専門家が判定し、住宅の性能を数値で理解できるようにしています。

おすすめの高性能住宅は?

Smart2020

広島県にある注文住宅会社「さかもとさん家」のゼロエネルギーハウス「Smart2020」は、屋内を一定の快適な環境に保つことができる高性能住宅です。

夏には、太陽光の入射角に合わせて角度を計算された軒やひさしが熱を遮ります。また、風導設計で自然の風を屋内に取り入れ、さらに屋根を二重にして屋内への熱の侵入を阻害します。冬になれば、逆に太陽光を屋内に取り込み、優れた断熱性能で取り込んだ熱を屋外に逃しません。

家の外観は耐候性と耐久性に優れたタイル張り。メンテナンスのコストや手間が軽減されるだけでなく、デザイン性も向上します。

   
快適なLIFEを実現する
標準性能に優れる
福山の注文住宅会社3社
坂本
建設工業
坪単価
65万円
快適さを
実現する
標準装備
5/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
97%

公式HP

TEL

セキスイ
ハイム
坪単価
80万円
快適さを
実現する
標準装備
4/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

創建
ホーム
坪単価
5080万円
快適さを
実現する
標準装備
3/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

選定した3社は、広島県における2018年度のZEH実績のパーセンテージが高い3社です(福山市対応の会社に絞っています)。ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したもの。坂本建設工業が100%、セキスイハイムが73%、創建ホームが34%。長期間にわたり光熱費を抑えられ、酷暑や厳寒でも快適に過ごせる家になります。