メニューボタン
一生を満足して過ごせる!福山市の選りすぐり注文住宅メーカー・工務店紹介サイト » 注文住宅の気になる「性能」について » 注文住宅の性能で重要な気密性ってどんな性能?

注文住宅の性能で重要な気密性ってどんな性能?

快適な暮らしを実現するために、住宅にはさまざまな機能が備わっています。その中でも特に重要な性能のひとつが気密性です。では、気密性は住宅やそこに住む人々にとって、どのような効果をもたらすのでしょうか。ここでは、住宅の気密性について詳しく見ていきましょう。

高気密住宅のメリットは?

断熱性能を高める

快適な暮らしの実現のために必要不可欠なのが、家の中を一定の温度に保つことです。それを実現するためには、高い断熱性能で家の中の温度が外に逃げるのを防いだり、逆に屋外の冷気が家の中に入り込むのを防止したりする必要があります。

グラスウールなどの従来の断熱材は、断熱効果はあるものの綿のように隙間がある構造なので、それ単体ではどうしても気密性までは保てません。しかし、住宅の気密性が高ければ、断熱材本来の断熱性能が十分に発揮されるのです。

内部結露を防ぐ

冬場、夏場になると、屋内では冷暖房を使うことが増えるので家の中と外で大きな温度差が生じることになります。特に冬場は、乾燥した空気がある屋外に対し、屋内には大量の湿気がこもりがちになります。そうした状態で外壁や床などに隙間が多いく気密が不十分な状態だと、湿気が隙間を通じて壁の中や床下に流れ込んでしまいます。そうなると壁の中や床下には湿気がこもり、内部結露が起こります。見えないところで建材が湿気によって腐ってしまい、知らないうちに建物が傷んでしまうのです。こうした内部結露を防ぐためにも、高気密は必要不可欠なのです。

換気の効率を上げる

人が生活している以上、屋内には水蒸気や二酸化炭素などの汚染物質が生じます。これらの汚染物質を除去するためには換気が必要です。

現在の住宅は、昔の住まいと比べると隙間が多い部屋と少ない部屋が混在している傾向にあります。そうした状態だと、気密性が高い場所と低い場所が混在するので、換気がうまく行かず汚染物質を屋外にうまく除去することができないのです。そのため、換気の効率を上げるためにはできる限り隙間をなくし、高気密な状態にした上で24時間換気扇を回す必要があるのです。

省エネルギーで節約

現在、消費エネルギーを限りなくゼロに近づける「ゼロ・エネルギー・ハウス」が推奨されています。これを実現するためにも、気密性が重要です。気密性が低い住宅は、夏は暑く冬は寒い状態になるので、必然的に冷暖房の使用量が多くなり、それだけ消費エネルギー量が増えます。対して、家の気密性が向上すれば夏は涼しく冬は温かい暮らしやすい環境が実現するので、冷暖房の使用量を抑え、エネルギーを節約することができるのです。

高気密住宅のデメリットは?

酸欠

高気密住宅は、隙間のない住宅です。そのため、ただ単に隙間がないと言うだけでは換気ができなくなってしまいます。高気密住宅で安全に暮らすためには、換気システムの併用が必要不可欠なのです。

換気システムが不十分な高気密住宅では、酸欠が起こりやすくなります。換気システムが正常に働いていないと、人間が排出する二酸化炭素を外に排出できなくなるからです。そうした環境では、慢性的な頭痛や睡眠不足といった健康被害が生じます。

ハウスダスト

換気システムが十分でない高気密住宅だと、外にうまく排出できなくなるのは二酸化炭素だけではありません。屋内で生じたホコリやペットの毛などのハウスダストも屋外に排出されずに屋内に滞留し続けることになるのです。

さらに、ハウスダストが溜まり続ける環境は、ダニが繁殖しやすい環境でもあります。そうした環境では、小児喘息をはじめとする健康被害が生じやすくなります。特に、小さなお子さんやペット、高齢者のいる家庭では、こうした健康被害は要注意です。

結露

高気密住宅のメリットのひとつが、結露の防止です。しかし、気密性が高くても換気性能が不十分だと、せっかく気密性の高い住まいでも結露が生じてしまいます。

結露は、蒸発した水分が再び冷やされることと空間内の水分が多いことが条件です。気密性が高いのに十分に換気されていない環境だとこの条件が満たされやすいため結露が起こるのです。リビングなどの暖かい部屋から水回りなどの寒い部屋へと空気が流れ込むと、冷やされた水分が大量に結露してしまうのです。

これを防ぐためには、リビングなどのような住まいの一部だけを暖めるのではなく、住まい全体を暖かくすることが重要です。

気密性のデメリットは工務店の設計次第で起こる

これまで述べてきた気密性のデメリットは、決して偶発的に起こるものではありません。こうしたデメリットは工務店の設計のミスで起こることが多いのです。

高気密住宅のメリットを最大限に活かすには、高気密だけでなく構造設計や換気システムなどを配備することで十分な換気ができるようにしなくてはいけません。逆に言えば、高気密住宅なのにそのメリットを十分に発揮できずデメリットが生じている場合は、そもそも住宅の設計自体にミスがあると考えられるのです。

実力のある工務店なら、高気密住宅のデメリットを構造設計や換気システムで防いでくれるはずです。

気密性は地域の風土に合わせる必要がある

福島市の風土について

福島市は、日差しの影響を受けやすく、気温の変化が大きい土地だと言えます。また、冬場は積雪量が多い厳しい寒さが続きます。

こうした温度変化が大きく、夏場や冬場の温度差が大きい土地でこそ、快適な暮らしのためには気密性の高い住宅が求められます。気密性が高ければ外気温度に屋内の温度が左右されにくく、通年で安定した快適な温度を保てるからです。

気密性を高める構造とは?

断熱材のすき間をなくす

いくら断熱材で住宅を覆っていても、その断熱材に隙間があっては結局断熱効果は不十分なものとなってしまいます。そのため、本当に高気密な住宅を実現するためには、断熱材の隙間をなくすことが大切です。隙間をなくせば、外の熱い空気、冷たい空気が屋内に侵入してくるのを防げます。そして、断熱材によって熱が逃げるのを防げれば、屋内を理想的な温度に保つことができるのです。

断熱性の高い窓にする

断熱性を高めるために注目すべきなのが、代表的な住宅の開口部である窓です。

一般的な窓ガラスは1枚の単枚ガラスですが、より高い断熱性能を求めるなら複層式のほうがいいでしょう。複層式は2枚のガラスの間に空気の層があるので、単枚に比べると断熱性能は大幅に向上しています。

さらに、3枚のガラスを用いた3層式や、2枚のガラスの間に真空層を設けたガラスもあります。特に真空層式のガラスの断熱性能は非常に高く、単枚式の約4倍の断熱性能をもっています。

通気工法による結露防止も重要

屋内の結露を防ぎ、壁の中や床下の建材の劣化や腐食を阻止するためには、通気工法による結露防止が有効です。

通気工法とは、外装材の裏側に空気の通り道を作ることで換気ができるようにする工法です。通気工法では空気が上から下に向かって流れることで、空気と同時に水分も排出されるので結露が防げるのです。

   
快適なLIFEを実現する
標準性能に優れる
福山の注文住宅会社3社
坂本
建設工業
坪単価
65万円
快適さを
実現する
標準装備
5/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
97%

公式HP

TEL

セキスイ
ハイム
坪単価
80万円
快適さを
実現する
標準装備
4/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

創建
ホーム
坪単価
5080万円
快適さを
実現する
標準装備
3/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

選定した3社は、広島県における2018年度のZEH実績のパーセンテージが高い3社です(福山市対応の会社に絞っています)。ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したもの。坂本建設工業が100%、セキスイハイムが73%、創建ホームが34%。長期間にわたり光熱費を抑えられ、酷暑や厳寒でも快適に過ごせる家になります。