メニューボタン
一生を満足して過ごせる!福山市の選りすぐり注文住宅メーカー・工務店紹介サイト » 【こだわり別】福山エリアの建築会社 » 災害に強い家にこだわるなら

災害に強い家にこだわるなら

災害に強い家とはどんな家?災害に強い家を建てるうえで知っておくと良い建築知識をまとめました。

福山市は災害が起こりやすい?

地震

広島県福山市の地震被害について、2000年の鳥取県西部地震では震度5弱、2001年の芸予地震では震度5弱を記録。その際、人的被害はありませんでした。広島県福山市が過去に大きな地震の震源地となったという記録もありません。

ただ、福山市北部の加茂・御幸地区から西部の松永地区にかけて「長者原断層」という活動度B級(活動度A~Cの3段階あるうちの2段階目・1000年あたりのずれ0.1m以上1m未満)の活断層と、少なくとも3世紀以降に活動した痕跡が2002年に見つかっています。この断層のずれによる地震が起きた場合、福山市内で想定される最大震度は7です。

また、今世紀前半にも発生のおそれが指摘されている南海トラフ巨大地震では、福山市内で想定される最大震度は6強です。地震に対する備えをしておくにこしたことはありません。

集中豪雨

福山市を含む広島県では、何度も集中豪雨に見舞われています。平成11年6月には、最大時間雨量81mmもの豪雨による土石流、がけ崩れ災害等があり、土砂災害防止法制定の契機となりました。平成26年8月の豪雨でも最大時間雨量115mmを記録。また平成30年7月にも台風7号にともなう大雨に見舞われています。大雨や台風が停電をひきおこす場合もあるので、停電に対する備えも必要です。

災害に強い家を建てるうえで重要な3つの要素

ここでは災害に強い家をたてるうえで重要な設備、制震ダンパー、複層サッシ、蓄電池について解説しています。

制震ダンパー

「制震ダンパー」とは地震の揺れを吸収すると同時に、地震の力を他の力に変え、分散させる装置です。粘弾性ゴムや油圧を使った装置で一般の木造住宅にも取り付けることができます。大地震の際にはしなやかに動き、地震の揺れを弱めて建物の損傷・崩壊を防ぎます。

制震ダンパーにはオイルダンパー、鋼材ダンパー、粘着性ダンパーなどいくつかの種類があり、それぞれに特徴があり、価格やメンテナンス、効力や耐久力にメリットデメリットがあります。住宅を建てる際に取り付けたい場合はどんな種類の制震ダンパーなのか確認してみましょう。

複層サッシ

複層サッシとは2組以上の窓サッシを2列(またはそれ以上)に配置することにより、断熱性を高めた窓のことです。冬は外の冷たい空気を遮断し、夏は外の熱を室内に入れず、快適な部屋の温度を保つのに役立ちます。高い断熱性で冷暖房の効率を高めることで省エネ効果を期待できます。

また、内側のガラス表面が冷えないので結露を防いだり、厚みがあることからの防音効果、防犯効果も期待できます。

蓄電池

蓄電池はその名の通り、電力を蓄えておくことのできる設備です。たとえば太陽光発電で昼間に発電した電力を、蓄電池に蓄えて夜間や日照の弱い日に使う、また電気料金の安い夜間の電気を貯めておき日中使用することでも電気代の削減ができます。(電力会社が定める時間帯によって電気料金が変化するプランの場合)

地震などの災害時への備えとしても、家庭用蓄電池を導入する家庭が増えています。災害による停電時にも、電気が使える蓄電池があれば安心できます。

容量が大きく、停電が発生すると瞬時に蓄電池からの電力供給に切り替わるタイプの蓄電池を導入すれば、停電時も普段とほとんど変わらずにそのまま家電を使用し続けることができるのです。

蓄電池を選ぶ際には、「出力」「容量」をチェックすることが大事。蓄電池に接続して動かすことができる家電の数をあらわすのが「出力」です。

例えば1.5KW(1,500W)の蓄電池なら、出力200Wの冷蔵庫と出力1000Wのエアコン、出力100Wの照明を3つなど合計1500Wの範囲内で電気を使う機器をつなぎ、使用することができます。対して「容量」では接続した機器を動かせる時間が決まります。仮に4kwh(4,000wh)の蓄電池なら、消費電力200Wの冷蔵庫を20時間動かせることになります。

蓄電池の導入に対し自治体より補助金が交付されることもあります。補助額や申請方法、実施期間は地方自治体によって変わりますので、導入を検討の際は調べてみたり、ホームビルダーに相談してみると良いでしょう。

災害に強い家を建てる注文住宅会社3社

ここでは制震ダンパー(地震対策)、複層サッシ(雨風対策)、蓄電池(停電対策)が標準装備となっている住宅会社3社を紹介します。

坂本建設工業

坂本建設工業では安心できる発電と蓄電システム「S-Smart2020」を展開しています。冷暖房効率が良く、省エネルギー、さらに電気を創り蓄えることで、まったく電気を買わない「自給率100%以上」を目指し高騰する電気代変動の不安を無くします。災害等による停電時もおうちの電力をまるごとバックアップする200V住宅設備対応蓄電地システムで安心です。

停電中にも冷暖房、IH調理器、スマートフォンの充電、お風呂やトイレ普段通りの暮らしを維持できます。

また地震の揺れへの対策として、大きな揺れはもちろん震度1程度の微震でも稼働し、家へのダメージを防ぐ制振ダンパーを標準搭載しています。

トヨタホーム

光熱費や環境への負担を気にせず、一年中快適に暮らせる住まいとして、スマートホームを先駆けて開発・発売してきたトヨタホーム。

家の断熱性を高め、太陽光発電をはじめとした創エネルギーシステムで電力を創り出し、省エネルギーのエアコンやLED照明などの家電と組み合わせることで、ゼロ・エネルギーハウスを実現しています。

60年長期保証(初期保証+保証延長合算・要トヨタホーム販売店による点検と適切なメンテナンス)を提供しており、建てたあとも安心です。

一条工務店

地震に強い住まいを追求している一条工務店。30年以上も前から大学や研究機関と連携し、実大実験を繰り返し強い家を追求しています。

地震などの強い力や揺れを「面」で受け止めて力を分散できる「ツインモノコック構造」で、標準仕様でも耐震等級3をクリアした家を提供。

また、超省エネ×超健康住宅「i-シリーズII」が、平成27年度省エネ大賞において最高賞である「経済産業大臣賞」を受賞しているほか、一条工務店の住宅商品は省エネに関する数々の賞を受賞しています。 長寿命蓄電池も備え、災害に対して構造・エネルギー両面で安心な住まいが自慢です。

   
快適なLIFEを実現する
標準性能に優れる
福山の注文住宅会社3社
坂本
建設工業
坪単価
65万円
快適さを
実現する
標準装備
5/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
97%

公式HP

TEL

セキスイ
ハイム
坪単価
80万円
快適さを
実現する
標準装備
4/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

創建
ホーム
坪単価
5080万円
快適さを
実現する
標準装備
3/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

選定した3社は、広島県における2018年度のZEH実績のパーセンテージが高い3社です(福山市対応の会社に絞っています)。ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したもの。坂本建設工業が100%、セキスイハイムが73%、創建ホームが34%。長期間にわたり光熱費を抑えられ、酷暑や厳寒でも快適に過ごせる家になります。