メニューボタン
一生を満足して過ごせる!福山市の選りすぐり注文住宅メーカー・工務店紹介サイト » 【PR】何が違う?耐震・免震・制震の違い

【PR】何が違う?耐震・免震・制震の違い

公開日:|最終更新日時:

福山市に家を建てるなら、地震への備えはしておきたいものです。地震への備えとして耐震を考慮した家づくりを検討されている方もいらっしゃると思います。

地震に備えた家づくりをするなら、「耐震」「免震」「制震」といった言葉は聞いたことがあるとは思いますが、どう違うのか詳しく分からない方もいるかもしれません。そこで耐震、免震、制震の3つの構造上の違いやメリット、デメリットについてご紹介します。それぞれの違いを踏まえて、家づくりの参考にしてください。

耐震のメカニズム

まず、地震対策として最もよく聞かれる「耐震」。これは文字通り「地震の揺れに耐える」仕組みを指し、建物に筋交いや構造用合板、金具などを用いて補強する方法を言います。耐震工法は素材の組み方によっても強度が変わってくるため、専門家の説明をよく聞いて検討するのが良いでしょう。

免震住宅のメカニズム

次に「免震」は、どちらかといえば建物の外部だけでなく「家具の転倒や破損なども含めて」リスクを軽減するための方法です。

システムとしては地盤と建物の土台との間に免震装置を設置するのが一般的で、地震に耐えるというよりは揺れが建物に伝わりにくくする、という仕組みになります。免震性能を高めるためには、揺れを吸収するダンパーと呼ばれる装置、および建物を支え、かつ揺れを吸収するアイソレータと呼ばれるゴムを適切に組み合わせなければなりません。

制震住宅のメカニズム

最後に、制震は「地震の揺れを抑える」を目的とした工法のこと。免震が地盤と建物の間に装置を設置して隙間を持たせるのに対し、制震は地面と家が触れ合った状態でありながら、地震の揺れを熱エネルギーに変換し、伝わりにくくすることができます。

これは内壁と外壁の間に設置された「制震ダンパー」と呼ばれる装置のおかげ。制震対策として一般的に用いられる特殊高滅衰ゴムには、地震の揺れを熱に変える力があるのです。変換された熱は空気中に吸収されるため、発火の心配もなく家を地震から守れます。

耐震のメリット・デメリット

耐震工法のメリットとしては、コストが低い点が挙げられます。地震だけでなく台風でもほぼ揺れを感じることがなく、建物の倒壊を防ぐことができます。装置の設置場所が必要ないため、地下室や地下通路などを計画可能なのも利点と言えるでしょう。

ただし、家にいれば地震の揺れは伝わってしまう、というところは注意が必要。内部の家具が転倒したり破損したり、は防げませんので、地震の際は怪我をしないよう大きな家具や家電からは離れておかなければなりません。繰り返しの余震に対応しにくい面もあり、余震が激しいと倒壊の恐れも。

免震のメリット・デメリット

免震のメリットは、やはり「家の中にいてもほぼ揺れを感じず、内部の損傷も防げる」というところ。家具の転倒や損壊リスクも軽減できるので、免震対策がなされた家にいれば地震が来た時も慌てずに済む可能性が高いでしょう。

しかし、何と言っても「コストが高く、かつ施工可能な業者が限られる」のがデメリット。中にいれば感じにくくはあるものの、地震が起きた場合は免震装置が建物ごと揺れるシステムとなるため、隣家との距離感にも配慮しなければなりません。また、台風をはじめとする暴風対策としては効果が弱い傾向がある、定期的なメンテナンスが必要、地下室が作れないといった注意点も。免震対策を検討する時は、事前確認を徹底したいものです。

制震のメリット・デメリット

最後に、制震工法のメリットについて。制震工法は言わば耐震と免震をかけ合わせたシステムなので「倒壊を防ぎ、内部の損壊にも配慮できる」のが利点です。強風や暴風などにも強い傾向があり、繰り返しの地震にも対応可能。免震に比べればコストが安く済み、メンテナンスの手間も比較的かかりません。

ただし、制震の場合は地面と密着するため地盤が弱いと導入が難しいとされており、事前調査を徹底する必要があります。また、免震よりは安いものの、耐震工法に比べるとコストがかかる点にも注意。その他「免震に比べると揺れを感じやすいので、家具の固定等は工夫が必要」「免震ほどではないにしろ、狭小地には不向き」といった確認事項も存在しますが、費用面、期待できる効果面でバランスの取れた地震対策を行いたい方には最適と言えるでしょう。

どれを選ぶか迷ったら

どの工法も地震への備えとして工夫された構造なので、どれを選ぶか迷ってしまいます。そんな時は予算や住んでいる人の揺れへの感じ方、家の損傷の程度、地下室の要不要など自分にとってのポイントを考えて選択肢を絞っていけば、自分に合った地震に強い家になるのではないでしょうか。

福山市周辺にお住まいで、制震工法の家づくりが気になる方は「坂本建設工業」の制震ダンパーでの建築がおすすめ。坂本建設工業では開放的でゆとりある空間、をテーマに高気密、かつ高断熱の家づくりにこだわっており、自給率100%を目指す高性能住宅「Smart2020」にも対応しています。

Smart2020には、大きな揺れから震度1の小さな揺れまで軽減できる制震ダンパー「evoltz(エヴォルツ)」を採用。本震のみならず余震からのダメージも和らげ、地震の揺れを制御してくれるのが魅力です。気になった方は、公式ホームページから問い合わせてみてください。

坂本建設工業のHPから
問い合わせする

電話で問い合わせる

坂本建設工業の会社情報

会社名 坂本建設工業株式会社
住所 〒720-1146広島県福山市駅家町大字大橋1005-1
アクセス 福山駅から車で20分
営業時間 9:00~18:00 水曜定休
対応エリア 備後エリア全域