メニューボタン
一生を満足して過ごせる!福山市の選りすぐり注文住宅メーカー・工務店紹介サイト » 【こだわり別】福山エリアの建築会社 » ローコストで建てたいなら

ローコストで建てたいなら

公開日: |最終更新日時:

ここでは、福山の工務店の中でも坪単価が低いとされている3社が延床面積40坪で建てた場合の住宅を比較しています。総コストが安く抑えたいのであれば、標準装備の充実した工務店にお願いすると良いでしょう。

坪単価40万円の施工会社

延床面積40坪の物件

・建物価格1,600万円

ここでは、上記の条件に合致した2社を紹介しています。

ハッピーホーム

ハッピーホームの特徴

シンプルなデザイナーズ住宅が定評のハッピーホーム。上質なデザイン、快適な居住空間を提供する一方で、適正価格の家を提供するためローコスト住宅にも注力しています。

とりわけ、福山市の工務店「もみじハウス」と提携したローコスト住宅は、777万円から建てられるとあって人気です。

このほか、1,000万円台で木造注文住宅が建つ「サイエンスホーム」と提携したプランや、自社ブランドでセミオーダー住宅の「REQUE」などのローコスト住宅も提供しています。

ハッピーホームの施工例

高台にある平屋のローコスト住宅

ハッピーホームの事例写真1 ハッピーホームの事例写真2 ハッピーホームの事例写真3 ハッピーホームの事例写真4
引用元:ハッピーホーム公式HP(http://www.happyhome-seleq.jp/works/test/)

ローコストながら、大胆な外観と、シンプルモダンな室内の注文住宅となっています。ベッドルームにあるロフトや、ゆったりとした和室など、満足度の高い家です。

ハッピーホームの会社情報

会社名 株式会社ハッピーホーム
所在地 広島県福山市南手城町4丁目7-16

アウルホーム

アウルホームの特徴

アウルホームのローコスト住宅は、あくまで資金計画を大切にした家づくりが基本。「コストをデザインする」という考え方がアウルホームにはあり、コストコントロールの上に暮らしを引き立てるデザインをつくり出すことをモットーとしています。

ローコストながら、安心感のあるベタ基礎、強度の高い集成材を使った安全な家づくりが可能です。

アウルホームの施工例

スタイリッシュで洗練されたスタイリッシュモダン

アウルホームの事例写真1 アウルホームの施工写真2 アウルホームの施工写真3 アウルホームの施工写真4
引用元:アウルホーム公式HP(http://www.owlhome.co.jp/owlexample/278)

片流れの屋根がアクセントになっている、スタイリッシュなシンプルモダンの家。空間にゆとりを持たせ、使いやすい生活動線の工夫をすることで、おしゃれさだけでなく快適な暮らしをも実現しています。

アウルホームの会社情報

会社名 ワウハウス株式会社
所在地 福山市南蔵王町6丁目12番22号

坪単価とは

注文住宅を建てる際には、坪単価に注目して予算を立ててみるといいでしょう。

坪単価とは、「一坪あたりにかかる建築費」のことで、家を建てるハウスメーカーや工務店によって異なります。

坪単価を公表しているところもありますが、家の本体価格しかわからない場合は、家の価格を延床面積(建物の床面積の合計)で割ることで、坪単価を計算することができます。

坪単価がわかれば、建てる家の面積からおおまかな建築費用を導き出すことができます。

その他の坪単価情報

福山にあるハウスメーカーでは、どのくらいの坪単価になるのか、メーカーごとの参考価格をご紹介します。

タマホーム 30~80万円
アウルホーム 40~60万円
クレバリーホーム 50~80万円
アキュラホーム 45~65万円
アエラホーム 39.8~55万円

各メーカーの参考価格によると、坪単価の相場は50万円程度ですが、最低価格が30万円代のところもあれば、最高価格が80万円になるとこもありさまざまです。

これは、坪単価の出し方がハウスメーカーによっても異なり、明確な決まりがないためそうなるので、どこまでが坪単価に含まれるのかを事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

たとえば、坪単価以外に地盤改良費や運搬費用、各種工事費などがかかることもあるので、一概に坪単価が安ければいいというわけでもありません。

また、建築に使われる材料や人件費、広告費なども含まれるので、大手のハウスメーカーでは全体的に高めの傾向にあります。

コストが抑えられる会社の秘密は宅建士

なぜハウスメーカーによってこれほど坪単価に差があるのかというと、その秘密は宅建士にあります。

家を建てる際や不動産のやり取りには宅建士(宅地建物取引士)の資格を持っているかどうかが問われることも多いですが、宅建士の資格が必要となるのは重要事項説明と書面の記名押印、書類の交付のみとなっているので、注文住宅の販売においてはハウスメーカーの営業担当者が資格を持っていないことも多いのです。

重要事項説明に宅建士が必要な時には外部の資格保持者に委託しているところも多く、その場合は手数料が発生するためにかえって費用が上乗せされてしまうこともあります。

宅建士は不動産の売買には欠かせない資格で、土地や建物についての知識が豊富ですので、注文住宅を建てる際にも安い土地の探し方や家の建て方についてのアドバイスをもらい、結果的に建築費用のコストを下げることにつなげることもできます。

なるべく安いコストで注文住宅を建てたいなら、宅建士の資格を持つ人がいるかどうかも考慮してハウスメーカーを探してみてはいかがでしょうか。

   
快適なLIFEを実現する
標準性能に優れる
福山の注文住宅会社3社
坂本
建設工業

価格を抑えて性能のいい家を建てられる

坪単価
65万円
快適さを
実現する
標準装備
5/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
97%

公式HP

TEL

セキスイ
ハイム

外壁と堅牢なユニットで地震から建物を守る

坪単価
80万円
快適さを
実現する
標準装備
4/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

創建
ホーム

フルオーダーメイドの「自由設計」で理想のデザインの家を建てられる

坪単価
5080万円
快適さを
実現する
標準装備
3/5
断熱
トリプル
樹脂サッシ
耐震
制震
ダンパー
創エネ
太陽光発電
防災
蓄電池
健康
PM2.5
フィルター
95%

公式HP

TEL

選定した3社は、広島県における2018年度のZEH実績のパーセンテージが高く、標準装備数が多い3社です(福山市対応の会社に絞っています)。ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したもの。坂本建設工業が100%、セキスイハイムが73%、創建ホームが34%。長期間にわたり光熱費を抑えられ、酷暑や厳寒でも快適に過ごせる家になります。※2020年1月の調査情報を元にしています。