HOME » 賢い注文住宅メーカーの選び方 » どっちがいいの?大手ハウスメーカーvs地元工務店

どっちがいいの?大手ハウスメーカーvs地元工務店

注文住宅を建てるならハウスメーカーか、地元の工務店か?比較検討します。

ハウスメーカーと工務店を徹底比較!

注文住宅の施工会社選びで、大手ハウスメーカーに依頼しようか、それとも地元の工務店に依頼しようか迷っている方も多いのでは?

ここで、大手ハウスメーカーと地元工務店の特徴を比較しました。

  大手ハウスメーカー 地元の工務店
メリット ・ブランド力があり、信頼性も高い
・営業、設計、インテリアコーディネーターなど各分野のプロが在籍している
・最新技術を用いた工法やオリジナル素材の開発など自社技術も高い
・設計の自由度が高く、よりオリジナリティの高い注文住宅を実現できる
・地元の土地や風土を知っているため、その地域に適した家が建てられる
・フットワークが軽く、急な対応でもフレキシブルに応じてくれる
デメリット ・設計の自由度が低く、画一的な家になりやすい
・プラン外の設備や建材を使うと、高額になってしまう
・デザイン力の乏しい会社もある
・工期がかかる、ずれ込むこともある
価格 原価に営業費・広告費等が上乗せされており、コストが高くなりがち 原価に近い価格で建設できるため、比較的リーズナブルに建てられる
どんな人に向いているか ・品質の安定性を求めている人
・大手ブランドが好きな人
・細かな要望やこだわりがあり、それをできるだけ実現したい人
・土地や気候や風土に適した家を建てたいと思っている人

地元のことは地元工務店がよく知っている

大手ハウスメーカーの魅力もわかるのですが、何よりも設計の自由度が高いという点では、地元工務店のほうが優れています。

大手ハウスメーカーでは、設備や建材などいくつかのパターンが決まっており、そのなかからチョイスして建てていくのが一般的。そのため、どうしても画一的な住まいになりやすいのです。

それに対して地元工務店の場合、プランは1から作っていくため、よりオリジナリティの高い注文住宅を実現できます。

もっとも、大手ハウスメーカーでもオリジナリティの高い家を実現することは可能ですが、費用がとても高くなります。

地元工務店なら、営業費用や広告費なども抑えているため、リーズナブルな価格で建てられる点も魅力です。

また、その地元のことを熟知している工務店の場合、地盤のことや気候に適した家づくりなども知っていますし、家が建って住み始めてからも何かあれば急いで駆けつけてくれる柔軟な対応力が、地元工務店の魅力のひとつ(大手ハウスメーカーの場合、営業の異動が多いので担当者がコロコロ変わることもあります)。

このように、さまざまなメリットがある地域密着型の工務店。検討されている方は、こちらのオススメ会社一覧も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>地元密着の会社で建てたいならこちら

PAGETOP